【速報版】来年度 補助金情報まとめ

2022.11.15

来年度の補正予算が閣議決定されました。
申請をお考えの企業様にとって少しでも参考になれば幸いです。

弊社では申請のお手伝いをしておりますので、ご依頼は最下部の宛先までご連絡くださいませ。

令和4年度 補助金


<来年度 補助金まとめ>※2022/11/8時点

事業再構築補助金

▶ 新枠の設立
【成長枠】 (最大7,000万円、補助率1/2)
市場規模が10%以上拡大する業種・業態への転換を支援する枠。売上減少要件撤廃

【卒業促進枠】
事業終了後3~5年で中小・中堅企業から中堅・大企業へ卒業した場合、上限が2倍となる

【産業構造転換枠】 (最大7,000万円、補助率2/3)
市場規模が10%以上縮小する業種・業態からの転換を支援し、廃業費がある場合、上限を2,000万円上乗せ

【サプライチェーン強靭枠】 (最大5億円、補助率1/2)
円安を活かした国内回帰を図る事業者等、海外から国内への回帰等を促進する枠

ほか
・最低賃金枠(最大1,500万円、補助率3/4)
・物価高騰対策・回復再生応援枠(最大3,000万円、補助率3/4)

▶ グリーン成長枠の変化
研究開発等の要件を2年から1年に短縮する等の要件を軽くし、裾野拡大を狙った「エントリークラス」が新設されます。

また、グリーン枠・成長枠において、補助事業期間内に事業場内最低賃金を年45円以上引上げた場合等に補助率を1/2 → 2/3に引上げ事業終了後3~5年で同水準等を達成した場合には補助上限金額が3,000万円増額されます。

<弊社 採択実績>
旅館・飲食店/不動産業/ガソリンスタンド事業/家具製造業/自動車整備業/イベント業/運送業/宝石販売業/建設業/洋服販売/鉄工業/設計業/酒類販売業/介護業/美容室/家具販売業/電気工事業/工務店/設備工事業


生産性革命推進事業

ものづくり補助金

▶ グリーン枠の拡充
温室効果ガス排出削減の取組度合いに応じて、「エントリー」「スタンダード」「アドバンス」の3段階の補助上限を設定することで、幅広い省エネニーズの取込みを狙います。いずれの枠も大幅の賃上げを達成することで最大1,000万円の補助上限額を引き上げることができます。

▶ 新枠の設立
「グローバル市場開拓枠(補助上限額3,000万円、補助率2/3)」を新設し、海外展開に係るブランディング・プロモーション等の経費を補助対象へ追加します。

▶ 補助上限額の引き上げ
通常枠、デジタル枠、グリーン枠、そして新設のグローバル市場開拓枠において、事業終了後3~5年に事業場内最低賃金を年45円以上引上げ等行うことで、補助上限額を最大1,000万円引上げすることができるようになります。

<弊社 採択実績>
飲食店/管工事業/歯科医院/歯科技工所/自動車整備業/型枠工事業/建設業/金属製品製造業/精密機械製造業/米穀販売業・総合工事業


小規模事業者持続化補助金

▶ インボイス枠の拡充
課税事業者に転換する事業者の補助上限が50万円上乗せされます。
通常の補助上限額が200万円、補助率は2/3(一部3/4)となり、赤字事業者の補助率引上げ(3/4)は継続されます。

<弊社 採択実績>
飲食店/自動車整備業/建設業/その他卸売業


IT導入補助金

▶ インボイス対応の促進
インボイス対応に必要なITツール導入促進のため、クラウド利用料(2年分)やハード(PC等)購入を補助対象として認めることに加え、補助率の引上げ(1/2 → 2/3~3/4)を継続させます(デジタル化基盤導入枠)。

▶ 補助下限額の撤廃
安価なツールを導入しやすくするために、5万円とされていた補助下限額が撤廃されます。

<弊社 採択実績>
飲食店/歯科医院/内科/自動車整備業/スポーツ用品店/情報通信業ほか


事業承継引継ぎ補助金

▶ 補助上限額の引き上げ
「経営革新事業」において、
事業終了時に事業場内最低賃金が地域別最低賃金+30円以上等であれば、補助上限額を600万円→800万円へと引上げ(補助率は1/2~2/3)。

▶ 対象となる取組の拡大
現経営者のみでしたが、後継者による取組も補助対象とし、事業承継の早期化・円滑化を推進します。

<弊社 採択実績>
歯科医院/内科/運送業/飲食店/自動車整備業ほか


<<お問い合わせ>>

アップパートナーズグループ
㈱SOTコンサルティング
担当:飯盛(いさかり)、五島
電話:092-403-5544
※HP、Facebookを見たとお伝えください

tel. 092-403-5544

受付時間:
土日祝日を除く 9:00~18:00

お問い合わせフォーム