【申請受付開始】持続化給付金の申請について

グループ全社 2020.05.01

新型コロナウイルス感染症に対する政府支援策として、経済産業省、中小企業庁から
「持続化給付金の申請要領等(速報版)」が発表されております。
申請予定の皆様はご一読されることをお勧めいたします。
給付金につきましては本日5月1日より申請が可能となっております。

申請方法はパソコンやスマートフォンによる電子申請となっているため、当面は相当な混雑が予想されます。
給付の可否は、先着順ではありませんので、慌てずに申請いただければと思います。
なお、今回、税理士業務としての送信代行は行なえませんのでご了承ください。

 

1)自社、ご自身が給付対象になっているか確認してください

対象者は以下の要件を満たす方です。

① 新型コロナウイルス感染症のために、ひと月の売上が前年同月比で50%以上減少している
② 今後も事業継続の意思がある

今回は医療法人や社会福祉法人などの特殊な法人も対象となっています。

 

2)給付額はできるだけ高い額で申し込んでください

給付額は最大で、法人200万円、個人100万円となっています。
一度給付を受け付けると、再度の申請はできませんので、
下記計算式に照らし合わせて上限に満たない場合は、翌月以降まで待つなどしても良いと思います。
計算式 : 前年の総売上(事業収入) — (前年同月比▲50%の月の売上×12ヶ月)

 

3)申請は電子申請となっています

今回は専用ページから必要事項を入力し、必要書類をデータで添付する方式となっています。
法人については法人ナンバーを入力することで省力化される見込みです。
添付に必要な書類は以下となります。

< 個人事業主の方 >
・前事業年度の2019年分の確定申告書第一表の控え(電子申告の場合は電子申請の日付が掲載されているもの)
・対象月の月間売上がわかるもの(売上台帳、帳面など申告の基礎となるものでエクセルや手書きも可)
・申請者本人名義の口座預金の写し(通帳の表面・通帳を開いた1・2ページ)
・免許証など身分を証明するもの(運転免許証の両面の写しor個人番号カードor住民票の写しとパスポートor住民票の写しと各種健康保険証 等)

< 法人の方 >
・直前事業年度の法人税申告書別表一の控え(電子申告の場合は電子申請の日付が掲載されているもの)、
及び法人事業概況書(両面)の控え
・対象月の月間売上がわかるもの(売上台帳、帳面など申告の基礎となるものでエクセルや手書きも可)
・法人名義の口座預金の写し(通帳の表面・通帳を開いた1・2ページ)

申請方法・入力項目

tel. 092-403-5544

受付時間:
土日祝日を除く 9:00~18:00

お問い合わせフォーム