相続の「困った・・・」を、
解決します。

アップパートナーズ相続チーム

急に親族が亡くなって、
遺産がどれくらいあるか分からない。
誰が何を相続するのか、
引き継いだ財産をどうするのか?
相続税を払わないといけないの?
いつまでに?いくら払うの?
という不安をお持ちの方のために、
無料相談会を実施しています。

step01

まずは、
相続財産を確認しましょう。

相続税を計算するには、
相続財産の金額を明確にする必要があります。
また、故人が生前蓄えた財産を
見つけられずに宙に浮いてしまうというのは
とてももったいないことです。
金銭に見積もることができる、経済的価値のあるもの全てが対象になります。

財産の種類

不動産 :土地・建物・山林・借地権・借家権など
動産 :貴金属・骨董品・自動車・家具など
債権 :現金・預金・外貨預金・株式・公社債・投資信託・貸付金・ゴルフ会員権
みなし相続財産 :死亡保険金・死亡退職金
その他 :パチンコの貯玉・マイレージ・電子マネー・ポイントカードのポイント・生命保険契約に関する権利

ご自身で財産を把握する方法

step02

納税義務があるか、
計算しましょう。

相続の計算では、
大きく3つのパターンがあります。
❶ 明らかに相続税がかかる人
❷ 明らかに相続税がかからない人
❸ 税務上の特例を適用することで、
  相続税がかからない人

相続税は全ての人が申告しなければいけない税金ではなく、一定以上の遺産がある場合にのみ申告が必要になる手続きです。そこで重要となるのが相続税の「基礎控除」です。

基礎控除の計算方法
3,000万円+(600万円×法定相続人の数)

遺産の総額が基礎控除を上回る場合は、相続税の納税義務が発生し、逆に遺産の総額が基礎控除より少ない場合は、申告自体する必要はありません。

事例紹介1

遺産の分配と、相続税の計算方法

事例4
亡くなった方
法定相続人 母・子2名
遺産総額 2億円
債務/葬式費用 1,000万円
基礎控除 3,000万円+(600万円×3人)=4,800万円
話し合いの結果
決定した分配額
母→9,000万円
子1→7,000万円
子2→3,000万円

2本指で拡大

「配偶者の税額軽減」が適用されるため、相続税は0円
遺産分配額 9,000万円ー相続税 0円=遺産相続額 9,000万円
子1 遺産分配額 7,000万円ー相続税 903万円=遺産相続額 6,097万円
子2 遺産分配額 3,000万円ー相続税 387万円=遺産相続額 2,613万円
STEP03

納税額を安くする工夫

豊富な相続税申告実績のある
アップパートナーズ相続チームでは、
独自の節税ノウハウを駆使して、
相続税の納付額を少なく抑えることが
可能な場合があります。
その代表的な例を3つほどご案内します。

❶ 不整形地の土地
土地の形状によっては、利便性が悪く宅地としての利用価値が低いと考えることができるため、土地の価値を低くして申告することができます。
❷ 債務控除
課税される遺産は「正の財産」から「負の財産(借入金等の債務)」を差し引いた純資産の部分です。この「負の財産」は「債務控除」と言われ借入金の他にも、お葬式費用、故人が支払うべきだった所得税や住民税等の故人に係る様々な税金、不動産オーナーが預かっている敷金など、課税財産から控除できるものがあります。
❸ 小規模宅地の特例
被相続人等が使用していたご自宅や事業用の土地を相続した場合、その土地に係る相続税評価額が最大80%減額できる特例です。
※限度面積があります。居住用の土地は330㎡以内、事業用の土地は400㎡以内、貸付事業用の土地は200㎡以内となります。

事例紹介❷

step04

税務調査のリスクを回避

遺産を相続すると税務調査が入り追徴課税が
課されることがあるのをご存知でしょうか。
また相続税の調査があると、統計上80%を
超える
可能性で何らかの遺産申告漏れが
発覚し、
追徴されるといわれています。
税務調査で追徴されると、延滞税、
過少申告加算税、無申告加算税、悪質な場合は
重加算税など、ペナルティとしての税金も
追加されます。

税務調査の入る可能性が高いケース
・ 家族名義の預金が多い
・ 取引銀行や取引証券会社が多数ある
・ 生前に多額の預金の引き出しがある
・ 多数の生命保険金の支払いがある
・ 生前に金地金の売買を多数(多額に)行なっていた
・ 相続人の間で争いがあり、別々の申告書が複数提出されている

上記にひとつでも該当する場合には、税務調査の候補先として選定される可能性が高まりますので注意が必要です。
これらを極力避けるためには、相続人間の話し合いと専門知識が必要です。 それをサポートするのも私たちの仕事です。

STAFFスタッフ紹介

STRENGTHS私たちの強み

PRICE報酬額の目安

遺産総額 5,000万円 1億円 1億5,000万円
報酬額
(税別)
20万円〜 65万円〜 80万円〜

CONTACT無料相談のお問い合わせ

直接お客様のご自宅等へご訪問、弊社にご来所どちらでもお客様のご要望に沿います。平日夜も対応可能です。
無料相談では、お話を伺った上で大まかな相続税の計算と、申告手数料のお見積もりまで致します。
無料相談にお越しいただいたからといって、必ず弊社に申告を依頼する必要はございませんので、お気軽にお問い合わせください。

お電話でのお問い合わせ

092-403-5544
webからのお問い合わせはこちらから
無料相談のお問い合わせはコチラ 無料相談のお問い合わせはコチラ